東京はいちご大福の名店がたくさん

世の中の「美味いもの」が全国からたくさん集まる東京!

いちご大福のお店も、創業100年を超える老舗もあれば、これが和菓子?!と驚くような新しい和スイーツもあればで、名店や人気店がたくさんあります。

コンビニのいちご大福も美味しいけど、せっかく東京にいるなら、ぜひ一度食べてみて欲しい!そんなお店をずらり23店、まとめました。

・・・本当にたくさんお店があるので、まとめがい半端ないっす!

「シャンパン×いちご×餡」奇跡のマリアージュ。『reverence』

※Instagram @champagne_ichigodaifukuさんより
最初にご紹介するのは、広尾にある隠れ家フレンチレストラン「reverence(レヴェランス)」のシャンパンいちご大福。
もともと、スタッフの遊び心から誕生したスイーツだったものが、あまりの美味しさから商品化された一品です。

実はこちら、お取り寄せ限定のいちご大福なのですが、口コミなどで存在が広まり、今では約1ヶ月待ちという大人気商品になっています。
気になる方はぜひチェックしてみて下さいね。

福委員長福委員長

香り高いシャンパンがいちご大福にベストマッチ! 一度食べたら忘れられない、至福の味わいです。

何度でも食べたい!とにかくジューシー!食べログでもリピーター熱狂の名店『翠江堂 本店』

Nozoko500さん(@nozomin500)がシェアした投稿

※Instagram @nozomin500さんより
隅田川のほとりに佇むいちご大福の名店、翠江堂。
名物は、苺がまるまる2個入った、とにかくジューシーないちご大福!
甘酸っぱいほぼイチゴな大福なので、お茶がなくてもペロッといけちゃいます♪
売り切れる時が多いので贈答時は事前予約が吉です。
※時期によっては1つ入りで値段も半分になります
福委員長福委員長

苺が2個入りで、たまらなくジューシー!
忘れられない出会い、思い出したくなるから、ついリピートしてしまう、
こうコメントしている間にもヨダレが出てきそう~

▼翠江堂のいちご大福をもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック
「一年食べられるいちご大福」!リピーター続出の老舗和菓子店「翠江堂(すいこうどう)」|いちご大福委員会【認定】

博多手土産の鉄板!あまおうがジューシーな『鈴懸 新宿伊勢丹店』

kaori.hさん(@kaokaori.h)がシェアした投稿

※Instagram @kaokaori.hさんより
1923年に博多で創業された和菓子の老舗、鈴懸。
いちご大福の楽しみといえば、求肥とあん、苺のアンサンブルもさることながら、苺そのものの味わい。

鈴懸のいちご大福は、ご当地福岡特産の「あまおう」が丸々1個入っています。
こしあんによってあまおうの酸味、甘みが際立ち、みずみずしさが絶品の大福です。

福委員長福委員長

こちらもジューシー志向の愛好家にはハズせない名店!
ハズせない手土産にも良いですね。
とにかくハズせないジューシーさ!

▼鈴懸のいちご大福をもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック
「手土産いちご大福」ならここは外せない!うまいもんどころ・博多の手土産No.1 老舗和菓子店「鈴懸」|いちご大福委員会【認定】

白餡が上品にマッチした、オトナのいちご大福・・・『銀座甘楽』

大森 恵美さん(@emineeeen)がシェアした投稿

※Instagram @emineeeenさんより
銀座6丁目といえばGINZA SIXが話題のスポットですが、ぜひ立ち寄ってもらいたいのがこの銀座甘楽。
名物豆大福とともに、白餡に包まれたやわらかくあま~いいちご大福もセットで★
福委員長福委員長

甘酸っぱい苺とあま~い白餡がベストマッチング!
銀座らしく?ちょっとオトナで上品な味わいです。
ザギンでシースーも良いけど、レッツゴイチー♪

ネット限定販売の“しあわせ”大福は数々のメディアでも話題に!『越後鶴屋』

Tsugumihashiさん(@tsugumihashi)がシェアした投稿

※Instagram @tsugumihashiさんより
自称、“西荻窪の小さな「おもちやさん」”(公式サイトより)。
いくつものTV番組で取り上げられて話題の越後鶴屋では、「開運大福」「しあわせいちご大福」など、縁起の良さそうな和菓子がラインナップに連なっています。

ネット限定販売の「しあわせいちご大福」は、あえて酸味の少ない栃木産の苺を選び、北海道大納言小豆使用のこしあんをばっちりとマッチさせた酸味と旨味のあっさり仕上げに。
テレビや雑誌でも紹介多数の一品、ぜひお試しあれ!

福委員長福委員長

つい一気に何個も食べてしまうハマる美味しさ!
これがしあわせの味なのか~と味わっていたらいつの間にかなくなっちゃっていたり・・・
それもまた、しあわせ?!

かわいさNo.1大福!? 東京メトロのCMで、あの女優さんも・・・『江戸うさぎ』

※Instagram @mariarosa_owner_satorinさんより
見た目は可愛らしくフォトジェニック、味は優しめな“妖怪いちご大福”が名物の江戸うさぎ。
東京メトロのCM西日暮里ver.にも登場しています。
味はミルク餡とこしあんの2種類で、またちょっと違う味わいです。
福委員長福委員長

妖怪と聞くとついおどろおどろしいイメージを思い浮かべてしまう私はもう、きっと若くないのでしょう笑
最近はウォッチッチされるような可愛らしい妖怪さんが主流で、この妖怪いちご大福もまた、可愛らしい♪
ミルク餡の大福もまた新鮮で、ほっとする優しい味わいですね★

あまおうのジューシーさがたまらない行列店!『まめ』

VOGUE GIRL JAPANさん(@voguegirljapan)がシェアした投稿

※Instagram @voguegirljapanさんより
グルメ好きも多く通う南青山で行列になることもあるという和菓子屋さん、まめ。
あまおうがとにかくジューシーな名物のいちご大福は売り切れることもけっこうあるそうで、早めの時間帯に訪れることをオススメいたします・・・!
福委員長福委員長

飲み物要らずのみずみずしさが特徴♪
ジューシーないちご大福はもはや、飲み物かもしれない!?

だんご3兄弟のモデルにもなった団子屋さんの大福は、苺が上乗せ!『茂助だんご』

Makiko Takahashiさん(@makico_takahashi)がシェアした投稿

※Instagram @makico_takahashiさんより
明治31年に築地に創業した老舗の茂助だんご。
あの「だんご3兄弟」のモデルとなった団子屋さんとしても有名ですね。
団子はもちろんのこと、求肥の上にどんといちごが乗った大福も名物!
食べごたえもあり、見た目も楽しめる一品です♪
福委員長福委員長

苺が上に乗っているタイプの大福、だんご3兄弟のモデルのお店だから、大福兄弟(姉妹!)に見えてしまいます♪
並んでいる姿もとても可愛らしいですね!

下町のこだわりと、ミルク餡のやさしい味わい!『竹隆庵岡埜 本店』

Takano Kazuhiroさん(@takano.kazuhiro)がシェアした投稿

※Instagram @takano.kazuhiroさんより
下町らしい色気のある和菓子づくりに挑戦し続ける名店、竹隆庵岡埜(ちくりゅうあんおかの)。
名物の「こごめ大福」で見せる素材へのこだわりは、いちご大福にも活かされていると感じます。
大ぶりサイズの福岡県産あまおうを丸ごと一粒、白餡ベースのミルク餡で包み込んだいちご大福は、いちごミルクらしい味わいです。
福委員長福委員長

ミルク餡のいちご大福は、大福をあまり食べたことないという人にもチャレンジしやすいやさしい味わいが魅力♪2Lサイズのあまおうは食べごたえもジューシーさも◎

苺があんこをサンドした、珍しいいちご大福!『蜂の家 自由が丘本店』

Izumi .Morishita.Nakmuraさん(@izumi.mo.na)がシェアした投稿

※Instagram @izumi.mo.naさんより
自由が丘の本店に、東急東横線沿いに複数お店を構える蜂の家。
あんこの両側を小ぶりの苺ではさんで、その上にホイップクリームを乗せて・・・と珍しいタイプのいちご大福が名物の一つです。
季節のお菓子も多数紹介していて、訪れる度に発見がありそう♪
福委員長福委員長

珍しいタイプのいちご大福は、和スイーツな味わい!
お茶会のちょっとしたお供にもぴったりです♪

両さんの街、亀有の優しさ溢れる味・・・『葛飾 伊勢屋 亀有本店』

ayano.iさん(@ayacof1207)がシェアした投稿

※Instagram @ayacof1207さんより
昭和40年に亀有で創業した伊勢屋。
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台ということで、両さんどら焼きや両さんサブレが名物に。
いちご大福は、大福の上に苺がちょこんと乗ったタイプ。
甘さ控えめのあんことしっかりとした生地に苺の酸味がしっかりとマッチした味わいです。
福委員長福委員長

甘さ控えめの、これまた下町らしい味わいの大福ですね。
亀有ということで、両さんのテーマソングが流れてきてしまいます♪

いちご大福ブームの火付け役!?『大角玉屋』

CHIPS inc.さん(@chips_inc)がシェアした投稿

※Instagram @chips_incさんより
大正元年に創業し、いちご大福がまだポピュラーになる前から作り始め、和菓子店の発展に貢献したとされて表彰もされたという老舗、大角玉屋。
名物の「元祖 いちご豆大福」は、国産素材にこだわったまさに本物の味。
内閣府発行の誌面にも取り上げられ、海外の王様にもファンがいるのだとか・・・!
東京にも複数店舗を構え、百貨店でも多数取り扱われている、知る人ぞ知る名店です。
福委員長福委員長

20年以上愛されているという元祖 いちご大福は、まさに本物の味!
新しい形の和菓子として広まっていったんだなぁと、歴史を感じさせる確かな味わいですね。

とちおとめがもっちり甘酸っぱい!『銀座あけぼの』

@k.w.w.kがシェアした投稿

※Instagram @k.w.w.kさんより
昭和23年、銀座四丁目交差点の近くに創業した銀座あけぼの。
銀座本店限定販売のいちご大福は、大粒のとちおとめを北海道産小豆のこし餡とコシのあるお餅でやさしく包み込んだ、食べごたえのある一品♪
福委員長福委員長

大粒のとちおとめがジューシーで、優しい甘さの餡とお餅がみずみずしさを引き立ててくれます♪
銀座は老舗の和菓子屋さんがたくさんあって、歩く度に発見がありますね★

あの創業者もお取り寄せ!創業110年『赤坂青野』

TORAELさん(@torael_japan)がシェアした投稿

※Instagram @torael_japanさんより
江戸時代から創業110年を数える老舗、赤坂青野。
あのApple創業者スティーブ・ジョブズも御用達とのこと!
自家製のこし餡がとにかく上品な味わいで、みずみずしい苺とのバランスが絶妙です♪
福委員長福委員長

苺のジューシーさを、こし餡の上品な味わいがしっかりと引き立ててくれる上品ないちご大福!
いちご大福愛好家の間でも個人的トップ3に入っているお店としてよく耳にします♪

▼いちご大福にシャンパン!?赤坂青野のあんことコラボしたこちらの大福もオススメ♪
reverenceシャンパンいちご大福6個入り

年に9日間だけ。幻のいちご大福!『亀屋万年堂』

稲垣飛鳥さん(@asucafe)がシェアした投稿

※Instagram @asucafeさんより
洋菓子の「ナボナ」で有名な亀屋万年堂のいちご大福は、高級紅ほっぺを使用した、文句なしの名作とのこと。
鮮度にこだわり、1年間の内で“9日”しか出会えない、幻のいちご大福です!
福委員長福委員長

紅ほっぺのいちご大福・・・いつか出会ってみたいモノです。
ナボナを食べながら首を長くして待つしかないですね。
くぅ~~~~

雪解けのような、みずみずしさ!?『赤坂 雪華堂』

ちえみさん(@chiemi1458)がシェアした投稿

※Instagram @chiemi1458さんより
明治12年に赤坂に創業した雪華堂(せっかどう)。
名物のいちご“雪”大福は、2Lサイズの大ぶりなあまおうを控えめな甘さの白餡ともっちりとした求肥で包んだ、贅沢な一品。
苺のみずみずしさが、まるで雪解けのよう!?
福委員長福委員長

大粒の苺が入っている様子が外側からもうっすらと、見た目も楽しい雪大福♪
フルーツ雪大福は店舗によって取扱の種類が違うそうなので、訪れる前にWebサイトやTELでチェックを♪

甘さ控えめの粒餡と白餡の合わせ技!駅前すぐにお店を構える『神田三原堂』

Kazukoさん(@kazukotch)がシェアした投稿

※Instagram @kazukotchさんより
神田駅東口を出ればすぐに店構えが見えてくる神田三原堂(かんだみはらどう)は、大正11年の創業。
昔ながらの東京の味を守り続けているというこちらお店のいちご大福は、大福の上に大きな苺がしっかりと乗ったタイプ。
お餅の中は甘さ控えめの粒餡がたっぷり。その中心に白あんを少量加える事によって、苺との相性を際立たせているのだとか。
福委員長福委員長

あんこのコンビネーションが老舗のこだわりと知恵を感じさせる、上品な味わい♪

秋葉原に新しくオープンした、いちご大福専門店のニューフェイス!『苺庵』

コムロックさん(@komurock821)がシェアした投稿

※Instagram @komurock821さんより
末広町の交差点に2018年3月オープンした苺庵(いちごあん)。
大福の中から大粒の苺が顔を出している、見た目にも楽しい一品です。
季節にぴったりの苺を産地直送で仕入れることで、年中販売が出来る様に。
専門店だけあって、抹茶あん、練乳あん、粒あん、こしあん、クリーム入り粒あんと、ラインナップが豊富なのもポイントです♪
福委員長福委員長

一番人気の抹茶あんは白餡に宇治抹茶を練り込んだ上品な味わい♪

季節限定の“あまおういちご大福”がジューシー!『店橘昌文銭堂』

ユウカさん(@8.yuuka.8)がシェアした投稿

※Instagram @8.yuuka.8さんより
神保町のすずらん通りにお店を構える店橘昌文銭堂。
大粒のあまおうを贅沢に使った「あまおういちご大福」は、あまおうのみずみずしさを余すところなく感じる、贅沢な味わい♪
福委員長福委員長

みかん、マスカットと、季節に合わせて大福も入れ替わる橘昌文銭堂。
やっぱりいちご大福好きとしては、あまおういちご大福がハズせません★

いちごの存在感をたっぷり楽しむ。『笹屋菓子舗』

sunaponさん(@sunapondayon)がシェアした投稿

※Instagram @sunapondayonさんより
根津神社の参拝がてらふらっと立ち寄りたくなる、笹屋菓子舗(ささやかしほ)。
四季を見た目と味の両方で楽しむ和菓子を取り揃えています。
季節のフルーツ大福も、キウイ、ブドウ、文旦と種類が豊富。
春限定のいちご大福「苺ほっぺ」は、あまおうデラックスがごろっと入り、餡少なめ、求肥薄めと苺の味がダイレクトに伝わってくる仕上がりになっています。
福委員長福委員長

ささやかしほ、お店の音が人の名前みたいでかわいい♪

国民的女優も愛した京橋の老舗『桃六』

※Instagram @chun__co_tyoさんより
明治2年創業、140年以上続く京橋の桃六(ももろく)。
国民的女優の森光子さんも通い、国民栄誉賞を受賞の際には桃六のどら焼きを関係者に贈られたのだそう。
そんな桃六のいちご大福は、甘さ控えめの粒あんが苺の酸味を引き立てる、確かな味わいです。
福委員長福委員長

アド街ック天国でも紹介されていた京橋の老舗ですね。
どら焼きも行列が出来るぐらい人気ですが、いちご大福もやっぱり見逃せない♪

お得でかわいい”双子のいちご大福”『果匠正庵』

あまおうさん(@amaou150)がシェアした投稿

※Instagram @amaou150さんより
俳優の佐藤浩市さんもお気に入りとテレビで紹介した『黒豆さらさら』やあんず大福が有名な
広尾にある和菓子屋『果匠正庵』さん。いちご大福も人気なのですが、その魅力は何といっても
いちごが二つ入った「双子いちご大福」であること!二口で食べても、どっちにもいちごが
いるって、何だかお得感がありますよね。
福委員長福委員長

恵比寿駅から広尾に歩いて、少し雰囲気が静かになってきたところに店を構える正庵さん。ゆっくりとした時間が流れる中で、大福を食べて一息つきましょう。

少し小さめ、が上品。『HIGASHIYA man』

HIGASHIYAさん(@higashiya_higashiya)がシェアした投稿

※Instagram @higashiya_higashiyaさんより
「ひとつ食べて満足するよりも好きな味をいくつか愉しめるように」との思いで
一回り小ぶりな、上品なサイズ感の和菓子を作り続ける『HIGASHIYA man』。
銀座と表参道に店を構えるヒガシヤさんの苺餅は、濃厚な苺を少しの白餡で包んだ
淡いくちどけも魅力です。
福委員長福委員長

有名な柔道家・三船久蔵も「小さいから大を倒せる。
そこに日本武道としての柔道の意義がある。」という名言を残しています。

薄らとした白餡から透ける紅。『静花』

@m.omyn4328がシェアした投稿

※Instagram @m.omyn4328さんより
上北沢中央商店街にある「静花」の名物、いちごの雫。
大粒なあまおうを薄い薄い白餡と求肥で包んだいちご大福は、
上品な味わいとあまおうそのものの美味しさを十二分に堪能できる一品です。

福委員長福委員長

白と赤。透け具合によって生まれる淡い桃色は風情を感じさせます。

まとめ

東京には、まだまだ紹介しきれないお店がたくさん・・・!
また近い内に、書き足していこうと思います。
頑張ってまとめましたので、ぜひ一つでも二つでも、食べ歩いてもらえたら嬉しいです!