とんこつラーメンにモツ鍋…パンチの効いたおいしい名物が多い福岡ですが、がっつり系の食事の合間に、ほっとするようなスイーツで箸休めというのはどうでしょう?
こってり味にそまった口をさっぱりとさせてくれる、いちご大福がおすすめ。あまおうで有名な福岡は、全国2位のいちごの産地でもあるんです!別腹で食べられる美味しいいちご大福のある和菓子屋さんを10店、ご紹介します。

1.地元民でもなかなか買えない『五十二萬石 如水庵 博多駅前本店』

fumiehappyさん(@fumiehappy)がシェアした投稿

※Instagram @fumiehappyさんより
お餅がとっても柔らかいいちご大福です。お値段は6個入り1,170円(税込)。で、冷やして食べるのがお店推奨の食べ方。
ふつう冷やすと求肥が固くなってしまいそうなのですが、この大福は柔らかいまま!ふんわりとしていて、ちょうどよい柔らかさです。
餡は白あんで、ジューシーないちごの甘酸っぱい酸味と抜群の相性。いちごは「とよのか」で、長崎県島原雲仙産のようです。
いちご大福委員長いちご大福委員長

ふつうに食べてももちろん美味しいけれど、冷やして食べるのは新感覚!

2.創業明治38年の老舗和菓子屋『石村萬盛堂 本店』

きみ/KIMIさん(@maisondekimi)がシェアした投稿

※Instagram @maisondekimiさんより
いちご大福の餡が二種類あり、白あんとこしあんが選べます。
好みで選んでもらうのが一番良いのですが、ぜひ二種類とも買って食べ比べもしてみて欲しいいちご大福です!
白あん×いちご、こしあん×いちご、同じいちご大福でも味のニュアンスが違って楽しいですよ♪
お値段は4個入りで740円(税込)です。
いちご大福委員長いちご大福委員長

一つのお店で、こしあんと白あん、二種類楽しめるのは嬉しい!餡の違いを楽しむというのが通っぽいなあ。博多あまおうとそれぞれの餡のマッチングを楽しんで。

3.全国にファン急増中『鈴懸 本店』

ひろみさん(@hisuga.29)がシェアした投稿

※Instagram @hisuga.29さんより
甘いものが苦手な人でも「いちご大福ってこんなに美味しいんだ!」と感動する、名作いちご大福です。
多くの人から定評のある、人気のいちご大福。お土産としてもおすすめできる、間違いのないいちご大福です!
いちご大福委員長いちご大福委員長

いちご大福好きなら定番の有名店!食べたことない人はまず食べてみて。

4.小ぶりのいちごが鎮座する『和菓子処 きねや』

北九州グルメさん(@nao__michi)がシェアした投稿

※Instagram @nao__michiさんより
いちごが餅・餡に包まれているのではなく、上に乗っかっているタイプのいちご大福。
「大きければ大きいほどよい」という風潮もあるなか、あえて小ぶりのいちごを使っているのも珍しいです。
いちごがダイレクトに舌にふれるので、フレッシュな甘みと酸味が楽しめるのが特徴。
いちご大福としての一体感ではなく、素材の味をしっかりと楽しみたいという方にはおすすめの一品。
いちご大福委員長いちご大福委員長

いつも以上にいちごの味が楽しめる、特に「いちご好き」のためのいちご大福と言えそうだ!

5.名菓子は一日にしてならず『兎月 室見店』

mariさん(@ibuhayakuri)がシェアした投稿

※Instagram @ibuhayakuriさんより
老舗の和菓子屋さん、「兎月」の支店です。
今どきのおしゃれな和菓子屋さんとは一線を画す、昔ながらの渋い和菓子屋さん。
その外観とはうらはらに、和菓子一つ一つのクオリティはとても高いんです!
甘さはほどよく控えめで、こしあんの舌触りと相まってとても上品な味わい。
季節ごとの限定メニューも多く、見た目にも華やかな和菓子が揃っています。
いちご大福委員長いちご大福委員長

地域にとけこんで立ち寄りやすい雰囲気なのに、びっくりするクオリティの和菓子が食べられる。ギャップ萌え。

6.腕利きの職人が炊き上げた極上餡が人気『熊久』

fumikoさん(@fumikatsu9129)がシェアした投稿

※Instagram @fumikatsu9129さんより
創業240年余りの和菓子屋さん、「熊久」の本店です。
和菓子の命、そしていちご大福の命とも言える“餡(あん)”には特にこだわっており、厳選した北海小豆のみを使用し、この道40年の職人が小豆を炊き上げています。自慢の餡は、いちご大福がない時期には、名物「麩饅頭」で味わえますよ。
いちご大福委員長いちご大福委員長

名店の職人が炊き上げた北海小豆餡で包まれるいちごが、幸せそう…!

7.商店街で愛される杵づき餅が絶品『駒屋』

mutsumiさん(@peaspica)がシェアした投稿

※Instagram @peaspicaさんより
福岡の繁華街「紺屋町商店街」で、1931年からお店を営む和菓子『駒屋』。杵でつく、つきたての餅で包んだ「豆大福」が1番人気で、毎日飛ぶように売れていきます。いちご大福の販売期間は、いちごの状態次第。酸味よりも甘みが強い佐賀県産「さがほのか」を使用しています。

いちご大福委員長いちご大福委員長

朝お店に近づくと、もち米を蒸した香りがふわぁと商店街を包む。つきたてのお餅で包んだいちご大福は絶品THE絶品。

8.福岡土産に大人気『萬年家 福岡空港店』

@takenaru1128がシェアした投稿

※Instagram @takenaru1128さんより
明治三十八年創業の「石村萬盛堂」に今日まで大切に継がれてきた和菓子の確かな技術と、博多の文化を融合した和菓子を作り続ける『萬年家(はねや)』。
いちごは、ひと口でほお張れないほど大粒のあまおうを使用し、餡は、白あんと黒あんの2パターンから選べます。

いちご大福委員長いちご大福委員長

福岡から帰りの道中、飛行機や電車で楽しむのにぴったりだ!

9.バリエーションが多くて迷っちゃう!『瀬川菓子舗』

みるきぃさん(@cream0213)がシェアした投稿

※Instagram @cream0213さんより
お子様からお年寄りまで幅広い世代に愛される『瀬川菓子舗』。ロングセラーの「シューロール」「チーズケーキ」の他に、いちご大福を始めとするフルーツ大福の種類も豊富で、何回リピートしても新しい出会いがあるお店です。

いちご大福委員長いちご大福委員長

マシュマロのようなふんわりとした餅と甘さを押さえたこしあんが、いちごの酸味とうまく調和しているね。

10.“いちごファースト”の大福が秀逸『さかした』

_ナミ_モコさん(@tmk___cw)がシェアした投稿

宗像産朝どりいちごを使用した人気のいちご大福。もともと、いちご大福を生地に包んでいたけれど、いちごのみずみずしい見た目や食感を楽しめるように、外にはみ出した形にしていたとのこと。
いちごの品質にも徹底的にこだわり、あらゆる農家を回って、ようやく見つけたのが今のいちご農家。一粒のいちごの魅力を最高に引き出したいちご大福です。

いちご大福委員長いちご大福委員長

いちごに対するこだわりが、まさにあふれ出ちゃったいちご大福。みずみずしくってつやつやないちご、目でも口でも存分に楽しんで。

福委員長福委員長

ふっ!?
いちごじゃないいちご大福ですって!?
いやあ、これはこれで、ぜいたくなお味。
食べる手がとまりませんね。ふっふふー。